成功術入門!第一章/成功法則について

FrontPage

成功法則について

成功術入門!第一章

ある人の唱えた成功法則は、大衆のある一部の人々にとっては効き目があるかも知れませんが、他の人々にとっては、全く効き目が無いこともあるのです。この意味では、成功についての秘訣には、「原理」や「法則」の名前を用いるのはふさわしくないのかも知れません。

「成功法則」とは、それを用いるその人個人にとってのみのものなのです。その人が、自分にとって、最も良く適合する成功法則を創造した時、その人は成功できるのです。

古い仏典の中に、阿頼耶識という言葉が出てきます。このアラヤ識という言葉の意味は、現代語で言えば「貯蔵された意識」というとになります。人間の心の奥底には、記憶をためておく蔵のような場所がある、と言うのです。今日でいう「深層意識」と似ている言葉です。

人間が、強い感情的ショックで何かを考えたり、あるいは、あるテーマを繰り返し思い描いたりすると、その思いは、この蔵の中に収められ、そこに貯蔵されると言います。

ところで、その貯蔵物には、不思議な潜在的勢力があり、いつの日にか、その思いに因んだ現象が、その人の人生に立ち現れてくるのです。簡単に言えば、「金持ち」を考えていれば、金持ちになるし、「貧乏」を考えていれば、貧乏になるということです。

ただし、「考える」には、「望む」もあれば、「恐れる」もあるのです。その両方がアラヤ識に入るのです。そこで、人生の成功はまさに「恐れ」を排し、「望み」を思い描くところにこそ有る、ということになりましょう。

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional